慶事の礼装でのネクタイ選び

慶事の礼装でのネクタイ選び

慶事の礼装でのネクタイ選び 慶事の礼装に合わせるネクタイは、白の無地を着用するのが一般的です。しかし近年においては華やかさを求める傾向があるため、色のついたネクタイでも良しとされています。とはいえ、殺生を連想させるアニマル柄や、大きな水玉や花柄などあまりにも派手な柄のネクタイはマナー違反となるため、選ぶ際には注意しましょう。弔事を連想させるため、黒もタブーです。色がついていて目立ちすぎないネクタイとしては、光沢のあるシルバーグレーが無難です。結婚式の出席から二次会まで、幅広く活用できる色合いであるとされています。パステルカラーのものも、派手すぎずに華やかさを演出できるためおすすめです。
親族として出席する結婚式はフォーマルな装いをするのが、基本であるためシルバーグレーを選び、同僚や友人など近しい存在の結婚式に出席する場合は明るく華やかさを演出してくれるパステルカラーを選ぶなど、ゲストに合わせて柄や色を選ぶのもいいでしょう。

礼装用のネクタイを準備しておく

礼装用のネクタイを準備しておく 普段はあまりスーツを着ることが無いという方でも、着る機会が生まれるのは冠婚葬祭の場面がほとんどでしょう。通常のネクタイに加えて、礼装用のものは準備しておくようにすると安心です。
結婚式などで使うものについては、事前に準備をする時間がありますから必ず用意しておかなければならないという事ではありませんが、葬儀や法要に利用するような黒のネクタイについては必ず一つは持っておくようにしましょう。人が亡くなることは事前にわからないことがほとんどですから、心の準備が出来ていない状態であることも多いのです。急な不幸に混乱してしまうというケースも多くあります。とりあえず駆けつけることになる場合が多いのですが、そのようなときにネクタイを用意していくという事は大変なことです。そういった時にすぐに対応できるように、黒のネクタイを一つは用意しておくようにしましょう。服装だけでも準備が出来ていることで、急な不幸などにも対応しやすくなるのです。